読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もくもくの日報

毎日は報告できません

すべての道はモテに通じてる。

ブログで稼ぎたい人、それを否定する人。世の中には色々な人であふれている。それがいいとか悪いとか、頑張れとか、絶滅しろとかそういうのはこの際どうでもいい話だと思う。なぜなら、所詮は他人のやることであり、それによって社会に与える影響はそこまで大きくないと思うから。

なので、稼ぎたい人は否定されても貫き通して欲しい。そして、そのために努力し、あがき続ける行為を見て、ある人は勉強になるなという感想を持ち、ある人はそれを否定する。そのやり取りはお互いの本気がぶつかりあうので、それを見ると僕の心は震えるだろう。会いたくはないけど。

 

ちょっと前に、ブログで収支の報告は必要か?というやり取りを見た時、僕も「確かに必要ない」と思っていた。なぜなら、他人のお金を稼いだ、稼いでないという話は基本僻みにつながり、積極的に「どれだけ稼いでいる!」と報告することはあまりないじゃないか!と感じていたからだ。でも「どれだけ稼いでいる」を積極的に言う場がある事を思い出し、認識を改めようと思う。

女の子を口説く時だ。

女の子が惚れるポイント、十人十色であるが、小学生であれば脚が速い子と面白い子がモテた。中学、高校、大学くらいまではイケメンがモテた。そして、社会に出たらお金を持ってる奴がモテる。

そう、ブログで収支を発表するのは「どうだ稼いでるだろ!俺の女になれよ!」といっているのと同義なんだ!マジカッケー!!

もちろん、秒速で1億円を稼いでるならまだしも、月にウン十万では世間の女性の大半見向きもしないだろうが、インターネットの世界にばら撒けば、一人くらい「ブログでウン十万稼ぐなんて素敵、TwitterにDMしよ!」なんて女性もいなくもないかもしれない。ブログを使った地引き網戦法。「ブログを始めたら、毎月ウン十万稼げて、彼女もできました!」有料noteに進出した際は、進研ゼミのマンガのように自分をマンガ化して定期的にメルマガ配信すればいいと思う。

男も女もすべての人間はモテたいんだと思う。だからおしゃれをするし、ダイエットをするし、仕事を頑張るし、人に優しくするし、ブログを書くんだ。

そうおもった、日曜日、僕もモテたいので今から買い物行ってきます。