読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もくもくの日報

毎日は報告できません

文章を書く力がない

文章を書く力がない。

正確に言えば文章の内容を考えることはできるのですが。それを正確にそして自分の意図する感情を読み手に呼び起こす事が出来ない。

これが僕の考える書く力だと思う。

 

「内容を正確に伝えること」はその言葉通りだ

例)あした、くるねー実家に(過去に僕がマジでおくったメール)

これを見て、大体の人は「あした、メールの宛先の人が僕の実家に来る」と推測するのだと思う。が、しかし!この宛先は母に宛てて送ったものである。そしてこの時期僕は会社の寮に住んでいた時期だった。そうなるとこの文章は「明日、実家に変えるよ」という意図で送られたものだと推測される。母がそれに対して「了解、晩ごはんを食べる?何食べたい?」と返信してるので、母には伝わっていたようで、その偉大さを思い知らされる。

これはかなり大げさな例だけど、正確に伝わらないってつまりこういうことなのである。新卒で入った会社の上司は僕の日報を見て絶句し、中途で次に入った会社では、流石にダメすぎるから直せという業務命令が下り、日経新聞の面白い記事を写経し、それに対して自分の意見を述べ、全社員に送るという羞恥プレイを強要された。

 

「意図する感情を読み手に呼び起こす」というのは「読み手の感情はそれぞれによって違うじゃん」と槍が飛んできそうだけでそういうことじゃない。

例)通勤電車うざい(毎日思ってる)

これは「うざい」という共感と共に、「じゃあ通勤しなきゃいいじゃん」とか「朝早くいけばいいじゃん」という反感や槍が飛んでくることも予想はできる

しかし、これを見て「うざいって言葉自体がキモい」(20代・女性の後輩)という槍が飛んで来ることは予想できなかった。

 

なぜ、こんなことを突然思ったのか。理由はこれ。

hagex.hatenadiary.jp

文章ベタを自覚している僕でも、こんなもん出されたら恥ずかしくてやってられない、全社員にメールで送りつけた駄文に、大学生のアルバイトの子が「わかりづらいです」と「全員に返信コマンド」された事を思い出した

ましてやライター養成すると息巻いて書いた記事に「わかりづらいです」とおっさん(多分)にいわれ、更にウェブの世界にばら撒かれてしまったのだ。これはもはや、恥ずかしさで一週間くらいパソコンを開けない。

 

今日、添削対象の梅木氏がやってるサイトに用事があって、読みに行ったのだが、前述の絶句した上司の気持ちが良く分かった。

内容云々は正直どうでもいいのだ、「俺すごい、あれはダメだ」という上から目線なことは与沢翼がやってた「金のあるように見せると金が集まってくる」と一緒なので上から来るところはむしろ見習いたいくらいだ。

しかし、文章がもう伝わらなすぎてダメ。「ココはあーこういうこと?、、え、ちがうの?」みたいな連続だ。

最初は「わかんなって、何回も読みなおさなきゃいけなくて嫌な文章だな」と思ったが、少しづつなんていうか親心みたいなものが芽生え、「ここはこう言いたいんだろうなぁーでもこっちの感情が上回ってこう書いちゃったんだろうなぁ」とパソコンに向かう氏の姿を想像する楽しさを見出した。

たった一歳しか変わらない上に、企業に守られ、ぬくぬく窓際社員(後輩評)をやってる奴に「親心」という感情を持たれることはおそらく想像してなかっただろうから。氏の思惑を外れた文章、「ダメな文章」という事になるのだろう。

 

僕も文章を書く力がない。正確にも書けず、いろんな人に誤解を産んだり、することもしょっちゅうだ。またこの文章を読んで呼び起こして欲しい感情は「おもしろい」か「つまらない」か「ながい」、「うざい」くらいを想定してるが、それ以外に出てきてしまうと思う。「きもい」とかは欲しくない。

 

「文章はブログを書けばうまくなるよ」と偉い人が言っていた。梅木氏はもう長いことブログをやっているようだけど全然うまくなってない。

僕はこのブログに「自分の感情の矛先」という役割を設け、それと同時に「それで文章うまくなったら儲けもんじゃね?」という期待もしていたが、それはどうやら効果が薄そうかなと29歳の梅木氏のブログを見て凹んだ。

ド素人な僕

4月になり、春になりました。新社会人様や新入生様が会社や学校などへ入学してくる時期ですね。新社会人様は社会全体で手厚くもてなしてあげたいなぁって思う。通勤電車のありえない混み方と、始発電車でのエゲツない席取りを40代くらいのいい大人が繰り広げている光景に社会に出て、「社会人終わってるな」なんて感想をもったらいい仕事をしてくれなくなる。

 

僕が使う電車は、都内でも指折りの通勤時の混み方が酷い電車で、雪が降れば入場制限、混み方が酷くてお客様同士のトラブルに、車内で具合が悪くなるお客様が3日に1回くらいのペースで出る。

一度、そういう形で止まってしまうと後はドンドン酷くなり、最終的には20分30分の遅延で遅刻だね、おつかれ みたいな雰囲気が車内に蔓延します。

 

今日も例に漏れず、電車はキツキツでもはや立っているのに足の踏み場がないという、こいつ何言ってんだ?みたいな状態になったのですが。その中で前の人がブツブツ呟くのが聞こえました。

「なんだよ、初心者かよ」

「こっち寄りかかってくんなよ」

「あーまじ邪魔だわー」

四方を囲まれてる状態なので僕にだけ言ったんじゃないと信じたいとこです。

 

なんの初心者なのか?

この路線を乗る初心者なんでしょうか?それとも通勤初心者なんでしょうか?

この路線は18年近く慣れ親しんだ路線で中学の時から使ってる。18年もつかってればベテランだと思う。寧ろ学生の時に使ってた路線を30のおっさんになっても使ってる人なんて逆に珍しいくらいのはず。

そんでもって、通勤ってことでも同様でもう社会人8年目で、もはや社会の汚いところなんかを見てしまってる薄汚れたエンジェル。

たとえ、言ってきたのが40過ぎのおっさんだったとしても初心者という表現は適切でないはず。

 

薄汚れたエンジェルの僕だからこのおっさんをうっとおしいなくらいで無視できるが、新社会人は大変だ。こんな気持ち悪い嫌がらせをしてくる、40のおっさんなんておそらく初めて出会うであろう。衝撃を受けるに違いない、こんな変な人が普通にいる世の中に絶望して、会社をやめて引きこもりになってもおかしくない。

 

満員電車ではマナーを守れと言っても「最小限に迷惑をかけない」ってことしか出来ないと思う、かばんを前にして抱えて縮こまって極力小さくなっても、邪魔なときは邪魔だと思われるし、体制を崩してしまうことはある。

 

もう少し寛容になって欲しいと思う、でないとハゲるぞ!もう完全に手遅れだったけどな!

迷走がひどいので、見送られた。

4月はうちのチームでの唯一の昇給のタイミングである。

今年はみんなよく働いたと思うし、生産性も悪くなかったと思う。が唯一ダメだったのが僕。

前半は良かった4~8月までは色々と精力的に色々と動いたが、9月くらいにちょっとしたつまづきがあった。デザイン力が圧倒的に無い事に気づいたのだ。

 

今更ながらだけど、ちょっと気づいてなかった、うまいデザインを見ても「これはまだコーディングきつそうだしいっか」とチャレンジしてこなかった。そのつけが来た感じ。それに対して巻き返そうとしたのが9~12月色々とやってみるが、これがもう酷く、結局は無難感じに戻るというのを繰り返した。

 

コーディングスピードは上がったが、それに対して疑問を感じ、小技を入れることをやり始めた今年はそれを真っ向から上司に否定され、これまたかたキツくなってきた。

八方塞がりやべーっす。

 

これからどうしようかと考えるとちょっと泣けてくるが、給料は減給とまでは行かずギリギリ現状維持を出来た。セーフ。

 

3月ももう終わる。新入社員も入ってくる心機一転頑張ろうって思ったところで、去年の案件が炎上してるとの報告がありました…

 

人はすぐに変われない、でも気持ちくらいは前向きにがんばって行こうと思う。

とカラーコピーを100枚取りながら思う午後23時半

 

今日はもう遅いので、こんなところでお願いいたします。

新卒フリーランスになるのか、君は。

昨日「卒業シーズンで袴がたくさん見えるぜやったぜ!」と叫びましたけど、よくよく考えれば、もう終わってますよね。残念。

おそらく、ピークは金曜日か土曜日だったんでしょうが、どちらも朝は眠すぎて記憶がありません、、、くそう、、、。

 

世の中には新卒フリーランスなる人種が生まれてるらしく。色々とそれがあーだ、こーだ言われています。

かくいう僕の遠い、遠い後輩にも「そういうもの」を志しました!という子が出てきまして、仕事があったら紹介して欲しいと言われ、ネットの世界と現実世界が繋がったなぁと思いました。

個人の自由だけどーとかそれは残念だなーというの否定派の方が多くいらっしゃる気がしますねーやんわりと老婆心で忠告というスタンスの方々。でも僕ははっきりとやめた方が、、いいやむしろやめてほしい!と思ってしまうわけです。

 

たしかにフリーランスのメリットは魅力的。

依頼側は今まででは考えられないような価格でお仕事を依頼できたり、会社でなく個人の力量でお仕事を依頼したほうが信頼できる事もある。

働き方としては自由度も高く、会社勤めする一億総フリーランサー社会まったなし。

 

とはならない。

 

なぜなら、これはフリーランスの力が強い事が大前提だから。

力が強いってのは技術力があるってことでもないし、後ろ盾にいるパパがしゃちょーだとかってことじゃなくて。契約をしたら、その契約をしっかりと遂行できるってこと

当たり前じゃんって思うかもしれないけど、そんな事ない、フリーランスが契約を遂行するって結構難しい事なんです。

例えば、HPを制作したとすると

それの内容のすり合わせと、制作だけではないです。

契約書の発行もしなくてはいけないし、請求書も作らないといけません。

さらに進行管理やスケジュール調整等、やることが多すぎて一人でやると思ったら吐きそうです。

さらにこれにクライアントが関わってきます。Twitterでラーメン屋の客に揶揄されたようクライアントってほんとに沢山出てくるんです。マジでラーメンからパスタに注文変更して「食べ物頼んだんだから、出して当たり前だろ」みたいなこと言い始めたりする人がいます。マジで怖いよこの人達、、、

このあたりを上手く導いて本来の契約へ導くことも必要です。

吐いた後にハゲそうです。

こういったことができるのが、強い力のあるフリーランスだとおもうわけです。

 

で、僕が新卒フリーランスなってほしくない理由は、新卒フリーランスは確実に力のあるフリーランスではないから。

それは会社勤めでも一緒じゃないかと槍を投げられそうですが、それは会社がサポートしてくれるのです。社会人やったぜ。

力のあるフリーランス自然淘汰されるからいいじゃないか、というわけにもいきません。自分自身が苦労するだけならいいんですが、まず、関わったクライアントに迷惑をかけます。

また、弱いフリーランスの行った行為によってクライアントがモンスター化、別のフリーランスが「前の人はやってくれたよ?」と言った言葉でぐぬぬぬと言わざるをえない人が出るかも、、、

 

社会には優しい人もいますが、基本甘くはないです。

新卒フリーランスに頼むって思う人は実績ではなく「若さと可能性」という名の低価格に惹かれている人も多いと思うのでその人達に騙され傷つけられる前に、会社で傷ついてくれた方が、他人にも迷惑をかけることが少なそうだから、まだマシかなって思います。

僕の後輩の場合ですが、「いち社員には仕事を紹介する力なんてないよー」といったら

「先輩、窓際なんすか?」

と真顔で言われました。

こんな奴が増えたら、世の皆さんは大変だなぁ。

 

今日はこんな感じです。

「社会人になったらできない」は多分それじゃない。

しばらく、忙しくやってました。

特段、変わったこともないんですが、土曜だろうが日曜だろうが、納品が間に合わなければ、仕事をするのが、日本式の仕事に対して真面目な社会人というらしいです。

もう完全に春です。昨日、風呂に入った後、水が切れていたのに気づいた僕は、「もうある程度あったかくなったし、行けるんじゃないかな」と思い、近くのコンビニへテクテクと歩いて行きました。冬場では考えられない行為ですが、もう3月も終盤に入ってたことを改めて気付かされた感じです。

 

3月後半といえば、卒業シーズンです。袴を来た女子大生を見ることができる季節です。やったぜ!袴とあの髪型がアップになるのがとても良いのです。

そんな卒業式を控える、もしくは卒業式をおえた大学生に対してのお告げ。

 

「社会人になったらできないから」はそれじゃない!

大学生は最高のステータスです。社会的にはほぼなんの制約がなく、一般的な大人となんら変わらない扱いを受けます。しかし、社会人に比べ果たすべき義務というのが圧倒的にすくない!昔、その先輩は

「こんなに飲んで、遊んで、明日も休みなんて大学生最高だな!」

と月曜の終電で吠え。社会人からの冷ややかな目線を食らったことがあります。

火曜日は僕は授業あったよ、、、行けなかったけど

 

この大学生生活をフルで楽しみたいと思ってる方は「社会人になったらできないから」という言葉に惹きつけられ、海外に旅行にいったり、彼氏、彼女をみつけにいったり、人によっては一日中家でゲームしたり、寝たりなんてことをするのでしょう。でも大体において、それじゃないです。「社会人になって出来ないこと」は、それは「友達と一緒に”~~”」だと僕は思います。

友人と一緒だったら別になんでもいいかなって思います。旅行なんて素敵だと思うし、飲み会でもいいし金が無いなら宅飲みでもいいし。パチンコ連れ打ってもいいです。

何かを「友達と一緒に」ということが重要です。それが一番できなくなるから。

 

他人の予定と自分の予定を擦り合わせることが難しくなってくる

卒業したら、みんなそれぞれ、色々な方向を向き始める。出世したいからバリバリ働く人もいるし、のらりくらりのんびりやりたい人もいる。

友達だけど、そこも合わせていくなんてことはできません。そもそも職が違えば働き方も違います。

僕の場合、大学時代の一番の友人は卒業して、書店員になりました。休みはシフト制、火曜日と土曜日だったと思います。この書店員時代はこの友達と遊ぶことはほとんどなかったと思います。(その後、土日休みの職に転職した)休みが合わないとこんなにも疎遠になるのかーと寂しい気持ちになったこともあります。

その他にも銀行員の友達は転勤と激務で遊ぶときは遅れてやってきて、そそくさと帰る。私も土日出勤、、、上司との付き合いや会社行事、、、そう、色々なイベントが攻めてきて友達との予定を合わせるがめんどくさくなってくるのです。

結婚する子もでてきたりするからね。

 

ある程度頑張れば、大抵のやりたいは叶う。

自分で完結すること限定だけど。大学生でやりたいことはだいたい社会人でもできます。旅や勉強、恋愛などを勧めるものがすごく多いですけど。でも大抵は頑張れば叶います。むしろお金がある分、大学生の時より叶えやすいです。

でもどんなに頑張っても、他人の状況を変えたりはできません。

書店員の友達のシフトを変える事はできないし。銀行員の転勤を止めることはできません。結婚を引き止めて、、、いや、もうね無理だよね。

 

まぁ実際は自分のやりたいことをやればいいけど。あと4日間をフルで楽し見たいと思う大学生にはこう言いたい。毎日友達と夜が更けるまで’(夜通し)遊ぶのが一番の贅沢なんだよーと

 

新社会人を迎える準備なんかで慌ただしいですが、こんなところで今日はどうでしょうか?

レベルではゾーマを倒すんですよ?

熊切あさ美が出演してる、FMVのCMがおしろい。もう完全に元カレさんをバカにする作りになっているからだ。

内容としては、新たな恋を見つける為に熊切あさ美が合コンに参加し、様々な災難にあうというもので、ある一点を除いたらあるあるなのです。

「合コンに元カレが来る」という設定を除いて。

 

元カレ描写寄せすぎ

そもそも、確率としては低い話ではあるけど無くもない話。特に素性の分からない合コンに行くと、わりと起こりうる事故なのではと思う。僕も彼女ではないが、合コンで出会った、二度とあわねーだろうなという女の子と合コンで再会し、「oh,マジか、、、」と思った事はある。

件のCMだと元カレ描写が完全に「梨園のあの人」なのだ。合コンに遅れて颯爽と登場し、清純派をたぶらかし、最終的にカネ貸してくれなんて、「梨園のアノ人」は言わないだろうけど、もう見た目完全にラブリン。

富士通の悪ノリなのか、それとも熊切あさ美の意向なのかは分からんけど。もう完全にその演技にはドス黒い悪意を感じる。とても良い感じに熟成され、表向きには吹っ切れた風に見えるところがまたエグい。

 

終始、色々な時にこんな目にあう確率を出すCM、その数字に信ぴょう性はあるのかは知らんが、熊切あさ美の打たれ弱さを露呈してる気がした?大丈夫か?あさみ!

年齢=レベルならレベル35!ドラクエの世界ならもう世界救ってる。多分、ゾーマ倒して、そして伝説になってる。そんなレベル35で出てくる相手はそれ相応難易度なのに。。。

 

まぁ所詮はCM。フィクションの世界。本物の熊切あさ美は、芸能界の荒波に揉まれて、つよい女性の可能性もある。略奪愛メソメソ、、、ニヤリ。の可能性もある。

あさみじゃなくて、芸能界の恋愛暗殺者「あずみ」なのかもしれない。

 

熊切あさ美wikiると、かなり波瀾万丈だ、次の冒険(恋愛)ではそして伝説になってほしいと思う。いい意味じゃないかもしらんが。

 

今日はまだ午後ですが、こんな感じでどうでしょう

「就職をしても、You Tubeは続けていきたい」と彼は目を輝かせていった。

近くの美味しい(食べログ調べ)カレー屋に行った。一人だったのでカウンターに通されたのだが、流行ってる店らしくカウンターも満席、そして隣はカップルらしき20代の男女。ここまではふつうの事なので携帯のモンストに夢中だった。

スト5コラボでかりんを運極にしなくては!!なんて使命感に燃え、引っ張りハンティングをしているおっさんを惹きつけたのはカップルの男性の「動画メディアでいろんな繋がりが〜」という一言だった。

 

野生のYouTuberが現れた。

一年くらい前であろうか、お茶の間を席巻したCM「好きなことで生きていく」というなんとも若者に夢を与えるであろう、キャッチフレーズと共に現れたユーチューバーという新たな職業。ヒ◯禁という広告塔と共に、これが新しいメディア「YouTube」だ!!と言わんばかりにバンバンCMをやった。

ユーチューバーの収益はこれくらい!こんなにもうかる!「さぁお前もユーチューバー!」という感じでその界隈は盛り上がった。

僕は「ふーんそんなに楽に稼げないし(アフィリエイトとそんな変わらんって思ってた)、そもそも動画に顔出しするなんてなかなかリスクなことやるなぁ、特定されていたずらされろ」くらいにしか思ってなかった。

その後、いろいろ調べるとユーチューバーのみなさんは多くいらっしゃるようで、20万人近いファンがいたり、100万ファンとかの方もいらっしゃり、一つ動画を上げて10万とか20万とかの収益を上げてることを知り。同僚を使い、傀儡ユーチューバーをつくりあげたいと思ったが、その同僚に、おそらくダチョウ倶楽部よりも激しく、電撃ネットワークに迫るパフォーマンスになることを告げると「お前の先輩だってことを忘れるなよ」と拗ねられたことで頓挫した。YouTubeにあげなくてもいいから、彼がサソリを口の中に入れる動画を撮りたかった。鼻からビールを飲んで欲しかった。まぁそんな過去もありYouTubeは諦めた。

 

カウンターの話に戻すと、彼は毎月5000円〜1万円ほどYouTubeでお小遣いを稼いでるらしい。再生数で概算すると、だいたい10万再生をされているユーチューバーなのである。詳しくはわからないけど、でも結構凄いんじゃないかなって思った。そんな彼が次の動画の構想を言い始めた。

遺伝子検査をやってみたって動画を撮る

危険である。非常に危険なことを言っている気がする。もちろん彼も動画メディアに関わると、いっぱしのクリエイターみてーな事を言っている以上。身バレとか色々なリスクを承知でやっているのであろう。そこに来て遺伝子情報まで公開しちゃうなんてもはやノーガード。今後の死ぬまでノーガードである。そのうちマイナンバーとかもうっかり公表するんじゃないかと、逆に動画が気になってくる。

賢明な方は、「いや、そこは隠すでしょ?」とか「うまくやるでしょ?」などというかも知れないが、相手はユーチューバーである。再生数の為に結構ギリギリなことをやってるやつらもいなくもない。友達だったらすぐ止める案件だが、隣でカレーを食ってる大学生にそこまで助言するつもりはないし、むしろそれで炎上して欲しいと願い始めている。性格が悪いのではない祭りが好きなだけだ。

 

面白そうだねと彼女風の女は言った。そうかこの世で彼女だけはこいつの味方なのかそれならいいのかな、YouTuberでも二人だったらうまくやっていけるのかもしれない。こんなアホでも

遠くの方で声がきこえた

「バレンタインにチョコもらえなかったよ、まぁお返しとか考えなくてすむから、楽なんだけどね!あげた?」

「ううん、あげなかった、そういう人いないし。」

 

彼はやはり一人で強くなるべきだと思う。話も自慢っぽくてつまんなかったぞ!頑張れユーチューバー!

 

今日はYouTubeを見ながら寝るので、このへんでどうでしょうか?